一宮 税理士

最初しか会ってくれない事務所より、毎回あってくれる会計事務所がよい

税理士の対応といいうのは人によって違ったり、事務所の規模や考え方によって違ってきます。そこで毎回会ってくれる税理士がいる事務所を探してみました。

やはり税理士と契約した時において毎月あってくれることを契約しておくと、税理士が毎回会ってくれる確率が高くなります。傾向としては小さい事務所のほうが小回りが利くので会いやすくなるようです。

毎月あってくれるのももちろん大切なことですが、決算前になってもあってくれるところがよいです。決算の申告前において仮予算をどのように組んでくれるかは大きいです。事務所によっては申告するだけが税理士の仕事だと思っていることも多いので決算前においても打ち合わせしてくれるというのは重要なことです。

毎回会ってくれるだけでなく、いろいろなアドバイスをしてくれるのも大きいです。依頼するほうとしては毎日のように税金を考えているというわけではありませんので、毎回有効なアドバイスしてくれる税理士というのは頼もしいです。的確なアドバイスをしてくれることで事務所からは資金繰りや節税のことも教えてもらいます。

税制というのは常に変わっているものなので、常に税金のことを勉強している事務所のほうがよいことです。毎回会っていれば税制が変わったことについてのアドバイスももらいやすくなります。税務調査されても毎回会っていれば、ある程度はコミュニケーションはとれていますのでスムーズにいくことも多くなります。税務調査にも強い税理士名古屋さんです。

このように毎回会ってくれる税理士に変えたおかげ業務が効率よくなりました。

ITに詳しくないないので、詳しい税の専門家にかえた3つの理由

最近ではITというのがすごく発達してきましたので、税金の仕組みにおいてもパソコンやインターネットを使わないと経営がうまくいかないケースが出てきました。そこでITに詳しい税理士に変えました。

まず変えた理由としては固定電話だけでなく、インターネットやEメールもなどで税務サービスがとても楽にできるようになったからです。ITに詳しい税理士や事務所というのはインターネットを積極的に活用しているケースが多いので、探しやすい特徴があります。いままでの税理士の中にはIT関係のことがわからなくて業務にならないことがありました。そして、処理がいい加減だったので税金で損しているケースか多いです。税理士の中にはITに強くない人が多いとわかったのです。

次の理由としてはインターネットを通じての所倍をする人が増えてきていますので、IT関係の税務調査というのはいままで違うところもあります。ネットビジネスなどの税務調査というのは調査する人というのは2人で来ることが多いです。なぜ2人で来ることが多いのかといえば、大半の調査員はネットビジネスのことがわかっていないで詳しい調査員が同行してくれることが多いからです。ではどのようなことを操作するのかといえばインターネットを通じて隅々までチェックしてくれることです。

後の理由としてはネットビジネスというのは初期費用が低いので利益が出てから節税をするケースが多いからです。節税は利益が出る前からやった方が効果的だからです。

このようにITに詳しい税理士に頼むといままでの税理士とは違って効率的に業務をしてくれることです。

まさかの無資格の人より、ちゃんとしたプロがいる会計事務所に依頼

いままで頼んでいた税理士が実は資格がないものだとわかったときはショックでした。では、なぜこのような人たちがいるのかは詳しくはわかりませんが、これから税理士に頼むときにちゃんと資格のある人がたくさんいる事務所を探すのがよいと思いました。

では無資格の税理士というのはどのような特徴があるのかといえば、領収書ゆ帳簿や期日があいまいなことが多いです。それはなぜかといえば、名前が表面化することがないので言い逃れができるからです。経理などの数値を改ざんするだけでなく、依頼者を負担させることもあります。このように業務をちゃんとしていない場合は税務調査にやって金融機関との取り消しがあるのです。正しい申告が行われていないので、いつのまにか無資格の税理士が行方不明になることもあります。

他にもいろいろと特徴がありまして、まずは税理士の事務所で働いたことがある人です。資格を取得していませんので引き継ぎで業務をしている場合がありますが、無資格ですので細かい業務はちゃんと行われていないケースが多いです。他にも経営コンサルタントが行う業務の中には税金が絡んでくるケース多いので、自然と税務を行っていることです。他には税理士の名義を貸すだけで、実際には無資格の税理士が業務をしていることです。なお、税理士の名義貸しというのは禁止されています。

無資格の税理士を見抜くポイントとしては定期的に面談することです。税理士の資格がないと申告書へ押印や署名をすることができません。そして、常に疑うことも大切です。

業務の得意分野と違う専門家から同じ分野で得意に専門家に変えた理由

税理士との間でいろいろと相談していくと、税金のことなら何でもできるという風に思いました。しかし、人間がやることですので得意や不得意というのはあります。たとえば、相続税というのは、毎年においては約5万人です。ところが税理士というのは全国におよそ7万人いますので、単純計算いたしますと1年間においては2万人の税理士は相続税の申告の業務をしたことがないということになります。このように税理士も得意分野を中心に業務をしますので、確定申告を中心にやっている人とか、法人税のことをやっている税理士もいます。なので一番やってほしい業務と得意分野が同じ税理士を探すのが一番いいと思いました。

そもそも税理士になるには複数の手段があります。税務署に勤務していて退職した後に税理士になるパターンがあります。次は税理士の試験を合格した人たちです。あとのパータンは弁護士や公認会計士の資格を取得することで税理士の資格も得られることです。税務署勤務出身の税理士というのは担当していた分野というのは得意ですが、他のことがよくわからないというケースもあります。例としては確定申告のこと詳しいけどほかのことがよくわかっていないケースがあるということです。

頼みたい業務が相続のことであれば、相続関係の業務をたくさんこなしている税理士が有利です。知識はもちろんのことですが、実務経験がないとなかなかうまくいかないものです。

税理士を変えるポイントとしては何の業務をしてほしいことから、その分野に得意な税理士を探すことが大切だと思いました。